ABOUT

Sadamori Hiroki


貞森 博喜・Sadamori Hiroki

1974年生まれ。福岡在住。
一般的な価値基準や常識に流されず
真理を追求し自由でかっこよくあること。
それが生き方。

プロダクト及び作品は自由と真理を
追求する過程で生まれた副産物であり
商売目的よりも思想や哲学を伝える
手段として作っている。
(現在モノ作りは休業中)


<スケボー長距離プッシュ記録>

2003年 福岡ー山口県光市
2004年 福岡ー鹿児島県
2005年 福岡ー山口県角島
2006年 福岡ー長崎県西海市


WORKS


HAND DRAWING T-SHIRT<2019>




生命力をイメージ。




スポーティーコインカードケース
(mini wallet)<2008>
(最終アップデート2019年8月)



スポーツ新聞にラミネート加工を施し
スポーツ新聞特有の言葉の力を核に
活かしたミニ財布兼カードケース。
ゴムバンドは自転車の廃チューブ。
スポーティーファッションのトレンド
に対するカウンターとして
新しいスポーティーを提案。





・サイズ:105mm × 60mm

・小銭、カード6,7枚、お札2つ折りで5,6枚
(カードを5枚以下に抑えるとお札10枚可)
(カードケース単体としても使用可)

・耐用年数約3年(個人差あり)
(入れすぎると劣化を早めます)

・修理可(有料)


2017年2月20日九スポの裏面を飾る。






おまスポ<2018>


言霊が効く。





特攻タイガー<2017>



スポーツ新聞を色別に分解し再構築した
オリエンタルかつスポーティーな特攻服風
バッグ。





HAND DRAWING SEDITIONARIES<2016>




ヴィヴィアンウエストウッドが
セディショナリーズの権利を放棄し
誰もがコピー商品を作れるようになった。
当たり前だがコピー商品には若き頃に
多大なる刺激を受けたパンクスピリッツ
など微塵も感じることはなく悲しくなった。
だからよくコピーされがちな柄をあえて
1枚1枚手描きで復刻することで
自分なりのパンクを吹き込んだ。





100%古文書緩衝材<2015>




「SHOW CASE "stands"」出展作品。
江戸時代古文書100%の
(既製品に貼り付けていない)
ダンボール箱、卵パック、電球ケース。
その昔、陶器を輸出する際に緩衝材代わりに
古文書で包んでいたことで浮世絵が世界に
広まったとされる説を現代風に置き換えた
世界一古くて高級な緩衝材。





昭和の残党 SKATE SHOT<2012>


2012年12月のマヤの予言「世界終末説」
(北斗の拳時代がきたらどうしよう?)
に向けて作ったスケボー素材のパチンコ。
必殺モデルはBMXのペグを使用。
上:特攻モデル(軽量で機動性重視)
下:必殺モデル(重いが接近戦で有効)






FORK BANGLE<2012>



フォーク曲げただけ。






PSYCHIC MONEY CLIP<2009>


映画マトリックスに登場する少年のセリフ
「曲げようと思ったら曲がらないよ。
スプーンは無いんだ。」の衝撃から。

取扱店はこちら





BAG PACKER<2008>















エコバッグは本当にエコか?
という疑問からタンスの肥やしに
なった服をバッグにする道具を考案。
長袖はショルダーバッグに、
タンクトップは手提げバッグに。





SKATE NOTE<2007>

アンチシステム手帳。






AIR SOFA<2007>


エアパッキン(ぷちぷち)を
組み合わせたソファー。
引っ越しの時は梱包材になる。





人間覚醒剤<2007>


講師時代に意気投合した教え子2人と
一時的に組んだ“人間覚醒剤”での
アルミホイルインスタレーション。
ギャラリーの展示に合わせて近所の
公園でゲリラ。樹木を全て覆うつもりが
警察に通報され途中で強制終了。