ポケベルニシティ炸裂事件から2日。

実はその翌日から守護霊さん??的な存在との

会話ができるようになってきました。

 

 

昨夜寝る前に、

 

「てかどうすりゃいいん?」

「研究した方がいいと?」

「研究好きやけど想像したらめんどくせ〜気もするし」

「やっぱモノづくり?」

「間をとって発明?、いやなんか合ってる気がするけど微妙〜」

「学校の先生に戻れってことか?」

「それとも司会の仕事?」

「伝えること?」

「占いでもやれと?」

「全部やれそうだけど決めれんのやけど?」

 

と質問しまくっていたのです。

 

 

そしたら一言、

 

「研究も占いも伝えるのも全部一緒だろ」

 

と言われました。

 

なるほど、確かにね。

僕は寝ました。

 

 

 

 

今朝寝起きにボーっとしてた時です。

 

こう言われました。

 

 

だと。

 

気まぐれってそういうことね。。。

 

 

守護霊さんめっちゃ的を射てるなぁ〜と

感心しましたよ。

 

 

とうとう頭がおかしくなったかと思います?

たぶん皆さんもできると思いますよ。

ただ、時期によるかもしれないし、

人生トントン拍子にうまく行ってる人は

会話する必要もないかもしれないし。

 

 

ただ、悪の存在もいるので見極めが必要です。

イライラしてたり、怒りモードになってるときの

ひらめきや思いつきは信じない方がいいです。

 

 

次回また詳しく書きます。

 

 

P.S

 

モノづくりはもちろんやりますよ?

ただ材料がもつのがあと半年ぐらいなんで

手法を改めるか、新聞系はやめてしまうか、

年明けぐらいにはどうなるかわかるでしょう?

 

 

 

 

ではまた。