当たり前ですが年の瀬の空気感が漂ってますね〜。

 

皆さんはどんな1年だったでしょうか。

 

僕はもう毎度ながら鬼ハード。

「神様あなたは僕を殺す気ですか?」と2回ぐらい

言った気がします。

表現者につきまとう波乱万丈な法則はいったい何なんでしょうね。。。

まぁ逆を考えると安心安全安定な生活をしててもそこから

面白い発想は生まれにくいでしょうから

波乱万丈すら有難いと受け取るしかないわけです。

修行ですよ、マジで、死ぬまでね。。。

で結局そうやって揺さぶられまくったおかげで

今年は自分にとって色んな気付きがありました。

たくさんの気付きの中からひとつお話すると

魂と自我、互いが求める落とし所を見つけたのです。

 

日本は特に秩序やルールが多くて真面目で勤勉が良いと

される風潮があるので、魂を殺して偽りの自我で

生きてるストレスを抱えた人が多いわけですよ。

本当の自分すらわからず死んでいく人もいるでしょうし。

好きでもないことをやっても給料もらったら本心を誤魔化せちゃうので。

逆を言えばお金のおかげで嫌いなこともやれるという利点もありますが。

僕ら世代の親なんて、

「儲かるんか!?」「儲からんのか!?」どっちや!

「儲からんのか!やめとけ!」

みたいな価値基準でしかない人が多くて

そういう価値基準を植え付けられてきた僕らは

何をするにしても「儲からんのはダメ」みたいに

なっちゃいがちで、やりたいことを諦めたり、

逆に今までの環境で作られた自我がやりたいことを

やっても魂がそれを許さないこともあって、

この2つの関係がギクシャクしてると

いつまで経っても自分は本当はどうなりたいんだろう?と

悩むハメになって人生がうまく進まないのです。

できることなら魂の意見も自我の意見も

取り入れたいわけですよ。

 

で僕は今年、魂と自我の互いが求めてる共通点を

見つけることができました。

それは前からブログで書いてる

「かっこよくあること」です。

単純なことですが

この共通点を見つけるまで本当に苦労しましたよ。

 

でもこれは僕だけでなく多くの人に当てはまると思うので

悩んだときに「かっこよくあれ!」と自分に

言い聞かせれば楽になるし、正しい選択ができるようになる

のでオススメです。

だってかっこいいにこしたことはないんだから。

かっこよければすべて良し。

 

 

そして来年から作風はだいぶ変わると思います。

 

 

ということで2019年関わってくださった皆さん

お買い上げ頂いたお客様、有難うございました。

良いお年を〜〜