https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190920-00010000-nishinp-soci&p=1

 

先日ヤフーニュースにこんな記事が出てて

なんじゃこりゃぁ〜?ですよ。

その昔、福岡の警固公園は僕らオールドスケーターにとって

聖地みたいな場所で、ある程度うまくならないと

滑っちゃダメみたいな暗黙のルールがあって、

僕も初めてここで滑った時は(25年ぐらい前)周りが激ウマ過ぎて

プルプル震えたもんです。

当時滑ってた皆さんも立派なオヤジになり、

数年前に改修されて公園内に交番もできたので

誰もここで滑らなくなってたのですが、

今年に入って見知らぬ若い子達が滑ってるのをチラホラ見かける

ようになり、よくもまぁ交番の真横で滑れるな〜と不思議に思ってたら

見事にやらかしとりますやん。

 

にしてもですね、

管理側視点で記事を読むと

スケーターが一方的に悪く見えちゃうのですが

善と悪に分けて考えるのはちょっと違うと思うんです。

そもそも、白か黒かに分ける考え方は争いを生むので

互いが存在する以上共存すべきなんじゃないかな〜と。

 

実際、心のあり方で

物事のとらえ方は変わってくるのが不思議なもんで、

僕らスケーターでも知らないスケーターが集団で

公園で滑ってるとうっとおしく見えることもあります。

もし、皆さんが恋人できたてホヤホヤの状態で、

毎日部屋でチャイチャイしまくりの、

はちみつ村&チョメリンコ村の村長になって浮かれまくって

る時だったら、ちょっとした事に目くじら立てたりしませんよね。

スケボー!元気でよろしい!

俺も今夜はスケ棒だよ♡

むしろこんな感じでしょう。

逆に二股かけられたあげくフラれて

会社には嫌な上司がいて仕事もうまくいかず

何もかもが空回りなんて時だったら、

世の中の男どもは!女どもは!って

見方になるでしょうし、そんな鬼ストレスの時に

公園に水を得た魚のようなスケーターがいたら

コイツらうぜぇ〜ってなるはずです。

スケボーを注意してくる人に限って

私情的ストレスを乗っけてくる高齢者

(私生活に問題を抱えていつもイライラしてるような人)

の方だったりもします。よくスーパーなんかで

キャッシャーの人にブチ切れてるような人と同じ類です。

ストレス発散の為に怒る理由をあえて探しているんです。

スケーターもパッと見チャラチャラして見えますが

バカではないので、理不尽なことで怒られてる

のがわかるから「うっせぇーー!」と反発して

しまうわけです。

 

今から15年ぐらい前、僕は専門学校で担任をしていて

毎年夏休みになると生徒と一緒にスケボーで長距離プッシュの旅に

挑戦するという熱い思い出作りをやっていたのです。

色んなところに行きましたが、一番ハードだったのは

福岡から鹿児島に挑戦した時でした。

僕らは学校に迷惑をかけちゃいけないという意識もあったせいか、

すれ違う人に挨拶したり、横断歩道を渡る時は

子供のように手をあげたり、灼熱の太陽の下

ひとくちゲロを飲み込みながら

ひたむきにひたすらプッシュしていたのですが、

不思議なことに多くの人達から助けられました。

車が横に停まったと思ったら「さっき見かけたから〜」と

窓を開けてポカリをくれる人がいたり(結構何人かいた)、

お金をくれた人もいましたし、あとは意識がぶっ飛んでて

詳しくわかりませんがたくさんの人に助けられたのを

覚えています。今じゃ考えられませんがパトカーに見つかって

やべ〜〜これで終わりか!と思いきや

「気をつけて!頑張ってね!」

と応援してくれたのです。

人間って鏡写しなんやな〜と痛感しましたね。

 

あー懐かし。

 

 

だから、そんなもんなんですよ。

要は心のあり方や姿勢なんです。

インスタと同じでリア充を見せつけようとすると

イラッとされるのと同じで、スケボーも見せつけようとすると

反感をかいます。できる限り謙虚な姿勢で

やれば逆に共感をえられたりするもんです。

マンションの隣人や住人たちと常に挨拶を交わしていれば

隣人がちょっと騒がしくてもイラッとしませんし

気にならなくなります。逆に挨拶しても無視する無愛想な奴が

部屋でうるさくしてると怒りが湧いて苦情を言いたくなるんです。

互いを知るのがとても重要ってことです。

 

人間は自分の真逆にいる存在を敵とみなしがちなんです。

白か黒か、右か左か、善か悪か、敵か味方か、

何事も分割しようとする偏った考え方が、

人種差別や格差社会、争いに繋がるのではないでしょうか。

僕は今の異常気象も偏った人間の考え方がそのまま

表れてるんじゃないかと思っています。

西洋医学と東洋医学が融合した病院が増えれば最強ですし、

オーガニックとファストフードが協力しあっても面白いし、

オカルトと科学が互いに協力し合えばUFOやタイムマシン、

テレポーテーションも可能になるかもしれません。

無理して融合させることもありませんが、

互いを認める努力はすべきかと。

断捨離して安い無地の服を着てお金はひたすら貯金

というよりも時には高価なものを買って優雅な気持ちになった方が

新しい刺激も得られてお金も回って経済もよくなるはずです。

真逆の存在は自分にないものを持っているので

受け入れにくいのですが自分を成長させてくれる

存在でもあります。

偏った考え方は平成で終わりにして

令和は互いに歩み寄り、互いを知って、

互いに足りない部分を補い、

互いに尊重し合うバランスの時代になれば

いいな〜と思います。

 

 

 

ルービックキューブがいい例です。

この考え方を皆が持てば世界は救われると思います。